1. ホーム
  2. 投資法人の特徴
  3. 環境への取り組み

環境への取り組み

本投資法人および資産運用会社は、投資法人に求められる社会的責任の重要性と公共的使命を十分に認識し、高い倫理観に基づく社会規範の遵守および「投資信託及び投資法人に関する法律」「金融商品取引法」を中心とした法令等遵守を経営の最重要課題と位置付けています。中でも、社会規範の遵守の取り組みの一つとして環境方針を制定し、環境に配慮した投資運用を行っています。

環境方針

1. 省エネルギー対策の推進
資源やエネルギーの効率的な利用を積極的に推進するとともに運用する不動産において省エネルギー対策の計画的な取り組みを推進します。
2. 環境負荷の低減
不動産投資運用事業が環境に及ぼす影響を意識し、不動産管理会社、テナントその他不動産投資運用事業の関係当事者と協業し、エネルギー消費効率の高い機器等への更新、節電及び節水の推進、温室効果ガスの削減、廃棄物の削減、リサイクルの推進に努めます。
3. 環境法令・規則の遵守
環境関連法令・規則を遵守し環境に配慮した投資運用を推進します。
4. 環境情報の公開
投資主、テナント、取引先等の様々な関係者に対し、環境方針や環境への取り組み状況などの必要な情報開示に努めます。
5. 環境教育・啓発活動
不動産投資運用の特性を踏まえた環境対応がなされるよう、各社員の意識と知識の向上に努めます。
また、上記の環境方針に基づき策定した「省エネルギー・温室効果ガス排出削減ポリシー」、「節水ポリシー」、「廃棄物管理ポリシー」において数値目標、具体的な取り組み、組織体制等を定め、各種対策を実施しています。

ページの先頭へ

DBJグリーンビルディング認証

■DBJグリーンビルディング認証とは

DBJグリーンビルディング認証制度は、ビルの環境性能に加えて、防災、防犯及び不動産を取り巻く様々なステークホルダーからの社会的要請に配慮した不動産“Green Building”の普及促進を目的に日本政策投資銀行が独自に開発したスコアリングモデルにより評点化を行い、その上で時代の要請に応える優れた不動産を選定するとされています。

DBJグリーンビルディング認証とは

> DBJ Green Building認証の詳細については、こちらをご覧ください。




ページの先頭へ

GRESB 評価獲得

■グローバル不動産サステナビリティ・ベンチマーク(GRESB)とは

GRESB 評価獲得

グローバル不動産サステナビリティ・ベンチマーク(GRESB)とは、欧州の年金基金のグループを中心に創設された不動産会社・不動産運用機関の環境・社会等への配慮の姿勢を測るベンチマークです。欧米・アジアの主要機関投資家が投資先を選定する際などに活用しています。

>グローバル不動産サステナビリティ・ベンチマーク(GRESB)調査の詳細については、こちらをご覧ください。

関連リンク
物件一覧
物件マップ

ページの先頭へ